飯田 パチンコ

飯田 パチンコ

いやな円、俺もずっと家に閉じこもってたわけじゃねェし、戦場を転転としてたこともあるンだよ」 イメージが浮かばないのは仕方ないだろう

それも必要なことだったのかな、なんて思いながらお茶を受け取り、頷きを一つ

あなたも好きかも:パチンコ デライヤ
「そうなんすよ、その演習っス

蓮華さんならどう動くかってことと、あたしの動きに関して何かないかなーと思っての連絡だったんすけど」「わかってるよ

あなたも好きかも:えらいこっちゃ ブラックジャック
暁、どうよ」「ん? 俺? あー……いいんじゃねェのか、これは」「詳しく説明しろッて言ってンだよ」「うるせェな、口下手なのは変わらずだッて知ってンだろ、お前は」 蓮華が突っつき、暁が返す

こうした男同士のやり取りはそれなりに新鮮で、本当の意味での友人なのだろう、お互いに険悪さが一切ない

あなたも好きかも:ハルヒ スロット フリーズ
むしろ、当たり前のような憎まれ口だ

 割り切っているというか、お互いの距離を熟知していて、さっぱりした関係だ

女同士ではこうはいかないんだろうなと思うけれど、じゃあミルエナとつみれはどうなんだと問われた時、たぶん即答はできない

「なんつーか、上手く制御してンじゃねェか? 駒の動きとしちゃァ充分だろ」「――」 その一言は

 つみれにとって、それなりに、重かった

「そうっスか……」「あァ? なんで落ち込むんだ、褒めてるンだぜ」「暁、お前ェなァ……円は俺に判断を求めたのよな、これが

となりゃァ、駒としての動きじゃァ不十分だろうがよ」「あァ――いや待て、そうだったとしてもだ、蓮華と比べちゃァ不味いンじゃねェのか」「不味くはねェよ」「ねェか」「おゥ」 もう一度見せろと、暁が言うとテーブルの表面に映像が浮かぶ

つみれの自宅にもある映像投影システムだ

これは以前にきた時にも見たので、驚きはない

ただし内容は書類形式ではなく、シミュレータとして状況が動いていた