スロット 紅

スロット 紅

 だが、それでも限度はあるし、クルシアのことを許容もできない

 クルシアの場合は、その人達に反省を促しているわけではない

その人達に恐怖を与えることで反応を楽しんでいるだけだ

 それを正しいとは肯定できない

「……それでもクルシア自身にも責任はあります

これはもう十年以上も前の話でしょう?」「はい……」「クルシアは今度は自分で工作して人間観察をしている

あなたも好きかも:まめ スロット
私達はあいつを認めるわけにはいかない!」「あの……」 ここで今の話をおさらいするようにメモ帳を読み込んでいたキャンティアが重苦しい空気の中、そっと手を上げる

あなたも好きかも:ソレア カジノ
「ご両親とお兄さんは……? 住んでるってことはあの事件から……」「空気を読みなよ、キャンティア」「だ、だってぇ〜」 するとハイディルは表情を落として語る

あなたも好きかも:ラブ 嬢 スロット 夜桜
「ご主人様と奥様、坊っちゃまは現在、引きこもって御座います」「やっぱり、クルシアの件で……」「ええ

あの噴水での事件の翌日にクルシア様がご家族と使用人共々、拷問にかけたようです」「!?」 何でもハイディルが戻った時には既に、五教星や騎士達が状況整理している状態で、驚愕したことを覚えているという

 クルシアの家族も使用人も命は助かったものの、精神的に病んでしまったそうだ

 ご家族はハイディルの言った通り引きこもり、使用人達は帰郷、はたまた別の地に移り住み、ひっそりと暮らしているという

「どうしてそんなことを……! 大切な家族でしょうがぁ!!」 クルシアの考えが理解できないと憤りを露(あら)わにするナタルに、ハイディルは推測を語る

「わたくしも最初はどうしてと考えました

ですが、優しく育てて貰ったとはいえ、不自由な生活には変わりなかった

その恨みではないかとも考えたのですが……」「多分、違う