織田信奈の野望 スロット 設定示唆

織田信奈の野望 スロット 設定示唆

いちど歩けば憶えられる道筋だったため、案内は頼まずに屋敷を歩いた

 昨日は人の声もしていたが静かである

 まだ早朝とあって眠っているのか

 疑問に思いつつ、幾つもの通路を経由して上に向かう階段を見つけて段差を踏みしめた

 二階へと上がって奥の方へ進む

「うん?」 その途中の天井

あなたも好きかも:アクエリオン パチンコ 甘
 そこに漆塗りの取手があった

あなたも好きかも:マカオ グランド リスボア
 昨晩は見えなかった物である

 タガネは鞘ぐるみの剣を剣帯から外し、剣が鞘走らないよう紐で鞘と結んで固定してから、鍔で取手を引っ掛けて引いた

あなたも好きかも:巨人の星 パチンコ ボーダー
 すると

 天井が蓋のように開く

 その中から畳まれた梯子が展開した

「…………」 隠された三階への通路か

 たしかに、位置としても母屋の中央部

 あの青い火が灯る場所の直下には近い