甲府 スロット

甲府 スロット

だから、ここは素直にその野生じみた能力に甘えてしまおう

僕の問いに、ミラは小さく首を振って……そして、困った顔で首を傾げた

「……匂い……は、するんです

けれど、それはフィーネのもの……だけでしょうか

それ以外の匂いがしません

いえ、ここにフィーネが初めて訪れたというだけの可能性もありますが……」 ここには何の生き物の匂いも染み付いていないのです

と、ミラは困り果てていた

あなたも好きかも:スロット 当たり 台 放置
ということは……僕達の接近に気付いて逃げ込んだ……ってこと? そう尋ねると、可能性は十分に

あなたも好きかも:八街駅 パチンコ
と、ミラはしょんぼり肩を落とした

「フィーネは賢い子でしたから

それに、危機が迫れば自力で逃げ延びるだけの能力もありました

それは、魔獣が跋扈する危険な世界においての話です

うっかりしていましたが、かつて私はフィーネを探し出せなかったのです

いくつも痕跡があって、それに怪我もしていた様子だったのに……」「……成る程

となると、完全に騙されてしまった可能性が高い……か」 はい