花火 スロット 重複

花火 スロット 重複

あなたも好きかも:スロット 選び方
 これらの情報からベルサイユ大本営は、セーヌ上流・オーセール(ディジョンの北西122.3キロ)在の独第7軍団長ハインリッヒ・アドルフ・フォン・ツァストロウ歩兵大将に対し、「直ちにシャティヨン=シュル=セーヌ(オーセールの東75キロ)に向かい行軍せよ」と命じました

あなたも好きかも:戦場のヴァルキュリア スロット
また男爵アレクサンダー・エデュアルド・クーノ・フォン・デア・ゴルツ少将の支隊が行っていたラングル要塞の攻囲準備を中止させ、その上司である独第14軍団長伯爵カール・フリードリヒ・ヴィルヘルム・レオポルト・アウグスト・フォン・ヴェルダー歩兵大将にも軍団主力をディジョンからブズールへ移すよう命じたのです

同時にモルトケ総長はベルフォール攻囲兵団の兵力不足を解消するため、在ストラスブール・アルザス総督府の伯爵フリードリヒ・テオドール・アレクサンダー・フォン・ビスマルク=ボーレン中将に対しヨハン・オットー・カール・コルマー・フォン・デブシッツ少将の指揮下、一支隊(後備歩兵8個大隊・予備騎兵2個中隊・予備砲兵2個中隊)を編成しベルフォールへ送ってこれをフォン・ヴェルダー将軍の傘下とするよう命じました

 27日になるとスイス・ベルンから更に詳細な情報が入り、これによって仏軍がベルフォールを解放するため大軍を北上させていること確実となります

モルトケ参謀総長はヴィルヘルム国王の名を借りてフォン・ツァストロウ将軍に宛て「万難を排してソーヌ流域へ前進し仏軍が狙う戦線東南部分にてその戦域にある諸隊を統括指揮せよ」との勅令を出すのです

 しかし、東へ動いたはずの「ブルバキ軍」の情報はその後さっぱり入らず、逆に当時ロアール上流ブリアール方面にあったヘッセン大公国師団(独第25師団)の男爵ヘルマン・カール・ディートリヒ(フリードリヒ)・フォン・ランツァウ少将率いる支隊の斥候は、仏軍の大縦隊がブールジュから「北上」しオービニー(=シュル=ネール

ジアンの南南西26キロ)に向かって行軍するのを発見するのです

同時にブリアールが襲われ、ランツァウ支隊はジアンに向けて後退しました(1月1日

あなたも好きかも:スロット 麻雀格闘倶楽部2 フリーズ
 しかしこの時、第1ロアール軍はやはり東進しており、この本隊警戒のため仏第15軍団の「残党」はブールジュ、ヌベール、そしてロアール上流域に分派点在して独軍を警戒しており、つまりはこの動きが独軍を翻弄していたのです

この「後衛」は規模が大きく、既に多数の兵員をブルバキ軍補充のため割いていたにも関わらず12月末においてその数およそ35,000名と伝えられます

勿論その多くが錬成未了で多種多様・各地からかき集めた人々からなる臨時護国軍や義勇兵でしたが、まさかそんな数の兵員を後に残して本戦場へ進むとは考えられなかった独軍首脳部は「ブルバキ軍は未だソローニュ地方南方とロアール上流にあり」と誤認してしまったのでした

 独軍にとって誤認を招いた要因は他にもあり、既述通りこの年末年始においてベルフォールを狙っているはずのドゥー川南方に展開している仏軍は積極的な行動を見せず、最前線となったモンベリアール南方でも少数の斥候や護国軍部隊が発見されるだけで、それも殆どが独兵の姿を見るだけで逃げ去ってしまうのでした

 結果、フォン・ヴェルダー将軍には新年を迎えても仏軍が動かず却って守勢に入ったようにも見え、またリオン~ブザンソン鉄道は軍専用となっているとの情報があったもののブルバキ軍がブザンソンに入ったとの確実な情報もなく、「仏軍が北上中」との情報全ては住民たちの噂話でしかありませんでした

 ヴェルダー将軍はこれら情報をまとめてベルサイユに送り、大本営はこの情報とロアール上流における仏軍北上の動き、そしてバンドームに対するシャンジー将軍率いる第2ロアール軍の攻勢から、「陥落寸前となっているパリを救援するため、両ロアール軍は近日中に共同して一大作戦(北上してパリ包囲軍と対決する)に乗り出すに違いない」と結論してしまうのでした

 このことからベルサイユ大本営は独第二軍をル・マンへ向かわせ、パリ包囲網から第2軍団を外してモンタルジ(ジアンの北35.3キロ)へ向かわせるという決断を行い、当時ニュイ(=シュル=アルマンソン