レガシー・オブ・デッド

レガシー・オブ・デッド

あなたも好きかも:岐阜 パチンコ 優良 店
定期購入したいところだが、俺は一箇所に定住せずに旅をしながら行商を続けたいし、無理そうだな」「それは良かったです

今回も何か魔法薬を売りましょうか?」「そりゃいい

どれくらいの薬までなら調合できる?」 ……さて、どうしたものか

最高ランクの薬までとりあえず調合はできるが、そんなものを外に出すのは危険だ

 ヴァパリア黎明結社の手に渡る可能性も否定できないし……というか、そもそもこの人のステータス、ちゃんと鑑定できていないから、怪しいといえば怪しいんだよな

 まあ、多分悪い人じゃないんだろうけど

あなたも好きかも:バカラ せしる
「最高水薬(ラスト・ポーション)、魔恢極薬(ラスト・エーテル)、至高秘薬(ラスト・アムリタ)……この辺りですかね」「…….この辺りって最高ランクの薬ばかりじゃないか!! ……じゃあ、それ何本くらい用意できる?」「それぞれ二百本が限界ですね」 まあ、実際はそれ以上作れる材料があるけど、とりあえずこのくらいということにしておこう

あなたも好きかも:スロット ミリオンゴッド 神々 の 凱旋 ゾーン
際限ないし

「……じゃ、じゃあ

最高水薬(ラスト・ポーション)二十本、魔恢極薬(ラスト・エーテル)二十本、至高秘薬(ラスト・アムリタ)十本で……とんでもない額になりそうだな」 勿論、とんでもない額ですよ

なんたって一般に製法が知られている魔法薬の中では最高ランクの薬ですから

「ちょっと待っててくださいね

魔法薬、作ってきますんで」 行商人から見えない位置に移動して〝移動門(ゲート)〟を開く

魔法薬を調合して、大量に作っておいた瓶に詰め、再び〝移動門(ゲート)〟を開いてエシュガテの町に戻る

「アルフレートさん

こちらでお間違い無かったでしょうか?」「……確かに、最高水薬(ラスト・ポーション)、魔恢極薬(ラスト・エーテル)、至高秘薬(ラスト・アムリタ)で間違いない……しかしとんでもない速さで調合してきたな

まあ、その辺りは企業秘密だろうし、深くは突っ込まないけどよ

……しかし、高いな

もう少し安くしてくれないか? ほら、友人の頼みだと思って」「……確かに、アルフレートさんにはお世話になっていますからね