戦場のヴァルキュリア スロット

戦場のヴァルキュリア スロット

 出てきたドワーフ族の男性に集落を通り抜けさせてほしいと頼んだのです

あなたも好きかも:パチンコ ガンダム 甘い
 しかしドワーフ族の集落にエルフ族を入れるわけにはいかないと、頑として受け付けません

 そこで賢者は主人公に「《奇妙なモノ》をお見せなさい」と助言したのです

 言われるがまま荷袋から《奇妙なモノ》をひとつ取り出したところ、ドワーフ族の男性は目の色を変えて「それを見せてほしい」と頼んできました

 ドワーフ族には細工師が多く、目の前にある《奇妙なモノ》がどんな細工なのか気になって仕方がないのです

 そこで賢者は「集落を通り抜けさせてくれたら、ひとつ差し上げますよ」と提案しました

 魅力的な提案を受けてドワーフ族の男性は洞穴の奥へと走り出し、少し経ったのち戻ってきました

「それをもらえるのであれば通り抜けてもよいと長老がおっしゃっておる」と答えて、主人公一行を山の向こうへと案内しました

あなたも好きかも:山梨県 パチスロ
 道中ドワーフ族の男性は主人公が持っている《奇妙なモノ》をいくつか見せてもらい、「ひとつだけとはもったいない

できれば二、三個譲り受けたいものだ」と思ったのです

あなたも好きかも:パチンコ グレンラガン スペック
 そして主人公一行を山の裏側まで道案内し、《奇妙なモノ》をひとつ受け取りました

「ちょっと待ちなされ」と言うとドワーフ族の男性は長老の下へ《奇妙なモノ》を送り届け、すぐさま一行に追いつきました

「ワシにも個人的にそれをひとつくださらぬか

それがどんなものか調べてみたいし、領主のトロールにも嫌気がさしていたところだ」 そう言うと、ドワーフの男性は主人公一行に加わったのです

 山を抜けて数時間経ったところに、人間の隠れ里がありました

 そこには身なりこそ見すぼらしいが顔立ちの整った女性が住んでいたのです

 彼女は人間が二人にエルフ族とドワーフ族という奇妙な組み合わせを見て、主人公一行に興味を持ちました