エヴァ 約束 スロット

エヴァ 約束 スロット

 再び伸びをして、ソファーに座り直す

「……来てたの」「ええ」 一瞬固い笑顔を浮かべる御剣君

あなたも好きかも:パチンコ ハルル 経営者
 どうしてこの子は、私に対して無闇に怯えるのかな

「そんなに私って、威圧的?」「いや

面と向かって言われても困るんですが」 それもそうか

あなたも好きかも:テーブルゲーム 富山
 ただこの子を見ていると、私が常に脅かしているような気になってしまう

 大体こんな大男が、どうして私に怯えるのか理解不能

 体格も何もかも、彼の方が圧倒的

 私が勝っているのは、年齢だけだ

「御剣君が、神経質すぎるんじゃないの」 お茶をむせ返すケイ

あなたも好きかも:5のつく日 パチンコ
 失礼どころの話じゃないな

 彼はティッシュで鼻を押さえ、私と御剣君を交互に指さした

「誰が、どうして、なんで」 そんなに興奮するような事を言ったかな

 多分、言ったんだろうな

「私に過剰反応するから」「本当に自覚のない女だな」「私が一方的に悪い訳でも無いでしょ」「はは」 声を揃えて笑う、ケイと御剣君

 スティックって、どこにしまったかな

「ただ、気にしすぎなのは確かね

御剣君も、もっとどっしり構えたら」 文庫本を読みながら、静かに指摘するサトミ

 威圧感で言えば、この人の方が数段上