バカラ 新作

バカラ 新作

あなたの魔法使いとしての実力は相当なもののようだ」「…………それに関しては否定しません

あなたも好きかも:パチスロ 地獄少女 攻略
ただ、私はそこまで持ち上げられるほどではありませんよ」「謙遜をする

あなたは一領地の領主で貴族だ

魔法使いとしても相当な実力者で今回の件の援軍でもある

そんなあなたがそのようなことを言うのは問題ではないかな?」「確かに……でも、あまり自分を高く評価する性格でもないので」「せめて正当に判断してもらいたいところだ

でなければ他の者の立場がなくなる」 基本的に公也は自分をあまり高く評価して話すことはない

あなたも好きかも:東 十条 パチスロ
なんだかんだでもともと住んでいた国、以前の世界での生活における感覚が根付いているのが影響しているだろう

ある程度自身の能力を正確に把握し評価することもあるが、素直に褒められるとあまり慣れないというか、謙遜してしまうというかそういう感じでどうしても否定寄りになりがちである

「魔法は誰から教わった?」「…………私の出自に関してはあまり詳しく話したくはありません

少々事情がありまして」「ふむ…………確かにあなたは……この国の出身ではない、のか?」「はい

あなたも好きかも:桃依さら パチンコ
事情がありこの国へと飛ばされてきました」「……それは魔法によるものか?」「魔法のようなものですね

魔法で同じことをするのは簡単にできるものではないでしょう

見も知らぬ場所に転移させるのはまともにやろうとしてもできません」「何らかの特殊な力によってこの国に飛ばされたというのか……大変だな」「いきなり森の中でしたので

でもその代わり出会えた相手もいますので」 ちらりと一瞬妖精……ヴィローサの方に視線を向ける公也

ヴィローサは特に今回やることがないというのもあるし、その毒の性質のある会話を軍の人間相手にするのもあれなので基本的に無言を通させている

いることを忘れそうにもなりそうなくらい何もしゃべらない

ただ公也の側にずっといられるのは彼女としてはとても嬉しいだろう

もっとデートのような雰囲気や二人きりが一番いいが、なんだかんだで好いている相手の側にいられるのであればそれがいい