スロット 2015 新台

スロット 2015 新台

 シルヴィアから相談されたこともなかったので、そもそも考助はそんなものがあることすら知らなかった

 考助の疑問に、シルヴィアが微笑みながら答えた

「いま私が着けている聖布は、無所属の聖職者が着けるものです

所属を示す文様はついていませんよ」「そうなんだ

あなたも好きかも:南吉成 パチンコ
・・・・・・必要?」 今更といえば今更なのだが、それでもそういったものがあると知った以上、無視することはできない

 そう考えてシルヴィアに聞いた考助だったが、当の本人は首を左右に振った

あなたも好きかも:姫路 禁煙 パチンコ
「必要ないとは言いませんが、敢えて焦って決める必要はないかと思います

あなたも好きかも:dd北斗の拳 パチンコ ターゲット
もし決めるのでしたら、きちんとエリス様とお話しなさったほうがよろしいかと思います」「あれ、そうなんだ」「はい

所属を示す文様は、神々ごとに決められているものではありませんが、被ってしまうとややこしくなりますので」「なるほどね」 聖職者たちが着けている文様は、あくまでも神殿や書物として残されている物をそのまま流用しているだけだ

 あくまでも神々から教わっているものを使っているので、どういう法則があって決められているのかは、シルヴィアにも分からない

 そのため、本気で考助が決めるつもりがあるのなら、しっかりと確認したほうがいいというのがシルヴィアの言葉だった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 途中で並んでいた屋台で買い食いをしたりしながら、考助たちは北の街にあるクラウン支部に入った

 転移門がある町のクラウン支部には、それぞれの町で必要な依頼が貼られている

 そのほうがいちいち転移門を使って塔の中に行く必要がなく、なによりも依頼を管理するうえで、それぞれの町ごとに分けていたほうが便利なのだ

 さらにいえば、そうしたほうがそれぞれの町に定着する冒険者も出てくる

 本部しかなかった頃ならともかく、大陸中に根を張り巡らせた今となっては、全体のことを考えなければならない

 というわけで、その町周辺の状況を知りたければ、やはりそれぞれの支部の掲示板を覗くのが一番いい

 依頼を受けるか受けないかは別にして、旅をするのには、周辺のモンスターの情報をチェックすることは必須の作業といっていい

 考助たちは、掲示板に貼られている討伐依頼を確認しながら、現在の北の街周辺の状況を確認するのであった