ロビン・ノッティンガム・ライダーズ

ロビン・ノッティンガム・ライダーズ

実際にそうだなんて思ってないから! 後でたっぷり謝るよ」 考助が慌ててそう言うと、ワンリは張り切るようにエンに向かって行くのであった

あなたも好きかも:高岡 パチンコ コロナ
 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦「うむ

いつも通りの光景とはいえ、先ほどとのギャップが凄いな」「そうですね」 目の前で起こっている光景の感想をフローリアが漏らすと、シルヴィアがクスリと笑いながらそう答えた

 模擬戦を終えたワンリは、すぐに考助の所に寄って来て、甘え始めていた

 そして、その意味をしっかりと理解した考助は、約束通りにワンリに謝っていた

 ある程度考助が謝罪すると、それで満足したのか、ワンリは交代とばかりにエンにその場所を譲った

あなたも好きかも:パチンコ 地獄少女3 保留
 そして、フローリアが感想を言った通り、ワンリと激戦を繰り広げていたとは思えないほど、甘えている様子を見せていたのだ

 具体的には、考助の手で全身を撫でられて、気持ちよさそうにその場に寝転んでいる

あなたも好きかも:パチンコ 必殺仕事人3 アプリ
 付け加えると、お腹を見せて撫でてという仕草さえしていたのだが、どう見ても野生の中で過ごしている魔物の一種には見えなかった

 眷属たちが考助にいつも見せている態度とはいえ、あれほどの激闘を見せた後だと、どうしても戸惑いのほうが先にきてしまう

 もっとも、それもすぐに慣れてしまうのだが

 考助に十分に撫でられて落ち着いたのか、エンはナナに視線を向けた

 その視線を受けて、ナナがてくてくと考助の傍に寄って来た

 そして、考助の右側と左側に陣取って、同時に撫でるように要求(手を口でツンツン)してきた

 それに苦笑しながら、考助もそれに応えた

  いつものように繰り広げられている光景に、フローリアが感心したような顔で頷いていた

「いっそのこと、町中でやってみれば、意外に馬鹿な輩が引っかかってきそうだな」「そうですね

どうみてもただの甘えているペットにしか見えないですし」 同意するように頷くシルヴィアに、考助が待ったをかけた

「いや、流石にそれは駄目でしょう