朝1 スロット

朝1 スロット

後悔があるとすれば、ミレルバスとともに死ねなかったことだろう

オリアンが死ぬとすれば、あの場所ではないのだ

「それで、我々はどうすれば……」「なぜわたしに聞くのかね」「ミレルバス様の後を継ぐのは、オリアン様です

あなたも好きかも:パチンコ 三重県 優良店
ですから、オリアン様を探していたのです

戦場に出られたと聞いてはいましたが、天輪宮で見たという声もあり……」「ならば、わたしがこの玉座にいることをなじる必要もあるまい」「それは……つい……」「いや、わかっているさ

この場にいるのは、ミレルバスこそが相応しいと貴様は思っているのだろう

それでいい

それは正しい物の見方だ

わたしのようなものが国主の座につくのは、間違っているのさ

わたしは部外者だぞ? 五竜氏族の血とは無縁の、どこからともなく流れ着いてきた男だ

あなたも好きかも:バカラ 札幌 出勤
そんなものが、国の主になっていいはずがない」 リバイエン家の人間となって数十年

だれもが奇妙だと思いながら、暴君マーシアスの手前、放置するしかなかったつけが、いまになって出てきた

どこの馬の骨とも知れない男が、王になってしまうという愚かな結末は、だれにだって予想できたはずだ

 マーシアス政権が長く続き、つぎのライバーン家を国主とする政権が長期に渡り続いたとしても、そのつぎはオリアンか、オリアンの血統のものとなる

オリアンの子ならば、リバイエンの血も入っているものの、純血ではなくなるのだ

マーシアスやミレルバス、そして、オリアンにとってはたいしたことではないのだが、伝統と神話によって支配してきた国にとっては重大な問題だった

五竜氏族にありながら純血ではないというだけで、彼の子どもたちがいかに疎外されてきたのかを、彼は知っていた

だからこそ、彼の娘も息子も、箱庭の中で育て上げられた

過保護な妻と、義父母は、孫子が傷つくことを極端に恐れた