usei パチンコ

usei パチンコ

 ただ、長年の間に染みついた常識というのは、中々消せるものではない

 己の感情が出てしまったことに思わず内心で舌打ちをしたオラースは、ごく自然な感じで相手の女性を観察した

 その顔を見る限りでは、自分が感情を出したことに対して何の反応も見せていない

 オラースには、それが感情を隠しているためなのか、単に自分の表情の変化に気付かなかったためなのか、判断できなかった

 そのことに内心で舌打ちをしつつも、オラースはその相手に話をさらに続けるのであった

あなたも好きかも:sac2ndgig スロット
 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 定型の挨拶を終えたシルヴィアは、さっそくオラースへと問いかけた

「それで、神殿長がわざわざどういったご用件でしょうか?」 オラースの目的が神具の剣であることはわかりきっているのだが、敢えてシルヴィアはそう切り出した

あなたも好きかも:埼玉 の パチンコ 優良 店
 聖職者独特の回りくどい言い方で話されるよりも、最初に目的をはっきりさせておいた方がいいためである

 対するオラースは、それに関して特に反応を見せずにちらりとフローリアの持つ神具へと視線を向けた

あなたも好きかも:オンラインゲーム 過疎
「あなたたちがお持ちの神具についてお話ししたい

しかし、いささかせっかちのような気もしますが、さすが新しい神を信仰しているといったところでしょうか」 勿論(?)、チクリとやっておいたのはわざとである

 大抵神官や巫女は、自身の信仰を揶揄されると何らかの反応を見せる

 このときに気をつけなければならないのは、あくまでも相手の信仰をいじるのであって、神そのものを対象にはしない

 そんなことをすれば、今度は自分に跳ね返ってくることになる

「そうでしたか

ですが、私たちもそれなりの物を支払って手に入れたのです

今のところ手放す気はありません」 オラースの嫌味を華麗にスルーしたシルヴィアは、コクリと頷きながらそう答えた

 シルヴィアにしてみれば、自分がどれほど神々を信仰しているかは自身だけが知っていればいいと考えているのだ

 神そのもの(考助)を揶揄されるならともかく、自分のことをどうこういわれても、特に何も感じない