ブラックジャック 成功率

ブラックジャック 成功率

僕は馬鹿だが、奴隷じゃないと生きていけない人間がいることくらいは知っている

 生きてさえいれば、いつかはいい事がある

 そう信じるしかない

「ここで何も動けないようなら、予定通り奴隷市場に流れるだけだよ

本来より、ずっと全うな市場(ところ)を選ぶつもりだけど、正直、そのあとは運次第だ……

それで、いいね……?」 子どもたちは何の反応も示さない

 ただ、まっすぐと僕の目を見つめた

「そんな目で見るな……

辛くなる……」 体が震え始める

あなたも好きかも:シーマン ゲーム機
 じわりと汗がにじんでくる

あなたも好きかも:スロット エイトマン
 子供たちの言いたいことはわかる

あなたも好きかも:バーデンバーデン カジノ
わかるからこそ、それをわからないように努力している

 スキル『並列思考』が発動しないように、スキル『???』が這いよらないように、必死で僕は首を振る

「……僕は奴隷に懲りてる

関わり合いたくない

だから、君たちを傍に置きたくない

……わかって欲しい」 そう言い切り、背中を向けて魔法を唱える

「――《ディメンション・多重展開(マルチプル)》!!」 スキル『感応』も混ぜ、大量の魔力を使って《ディメンション》を使う