6の付く日 スロット 東京

6の付く日 スロット 東京

そしてやはりグランドールは体のダルさは横になっていても、抜けないらしく、とうとうバッと起き上がった

「こりゃ、一っ風呂浴びた方が早いか

アルセン済まないが、支度を頼んでいいか?」「はい、お任せください」嘗て軍の学校で、グランドールが教官補佐でアルセンが生徒だった時期もあったので、いつも人の世話をやいてばかりのグランドールも、アルセンには他愛の無いことでも頼みやすい

 アルセン自身も日常は"狡賢い賢者"から、無理とワガママを抱き合わせたような用事を頼まれたりはする

しかし意外と"普通"の頼み事をされないので、グランドールの何気ない頼み事は楽しんでもいる

あなたも好きかも:パチンコ cd
水を扱う事になるので、アルセンは軍服の上着を脱ぎ、客室のクローゼットにかけた

いつも身に付けている白い手袋も外し、備え付けの浴室に向かった

軍の編み上げブーツを器用に脱ぎながら、浴室に備えられた内履きを履いてアルセンが浴室に入る

「これは豪華ですねぇ」黒い岩を床にして、浴槽は岩にはめ込まれたように木で設えられている

あなたも好きかも:まどマギ 前後編 スロット 打ち方
風呂で使うかけ湯の桶や椅子も木で造られており、独特な良い薫りがアルセンの鼻をくすぐった

(この木は、桧(ひのき)ですね)備えられたシャワーで浴槽を軽く流して、湯が出て来るバルブを捻ると湯が放流され、一層桧の薫りが浴室を満たした

(これは異国の造りを取り入れてる)風呂に湯が貯まるのを眺めながら、アルセンはウサギの賢者とアプリコットが連携して戦っていた所を回想する

戦っている現場を、直には眺めていないが、魔術に長けているアルセンには"どういった系統の術を使ったか"を、戦いが終わった直後の現場から察する事が出来た

(確か、領主殿がイノシシに止めを刺す為に使った術、あれも異国の物でした)アルセンは異国の術にはあまり明るくはない

異国の術に詳しいのは、ウサギの賢者と、「おっ、アルセンありがとうな」魔術に関しては疎いと思われがちな、グランドールだった

既に裸に腰にタオルを巻いて入浴準備を整えたグランドールが、アルセンのすぐ後ろに立っていた

「まだ、湯が貯まっていませんよ」アルセンが少しだけ呆れた様子で、言うとグランドールは苦笑して頭をボリボリと掻いた

「アルセンも気がついただろうが、ルイのお陰で負の念は焼けて塵になって落ちたんだが、どうも渇き過ぎた」「確かにそうみたいですね」アルセンがグランドールの逞しい腕に手を当てると、体温以外の熱が籠もっているのが解る