パチスロ 47枚

パチスロ 47枚

 そもそも、考助に限らず、ほかの神々に対して人々が行ってきたことと同じようなことだ

 考助は、そうしたことを何度か見てきているのだから、実感として理解できている

 あとは、変なことに巻き込まれないように、周囲にいる者たちが目を配ることが重要だろう

 そのことは、シルヴィアとフローリアも十分に理解できているのであった

魔道具に絡めて今後のことについて、トビが成長してきたので、いろいろと思うことはあります

トワの血族が、今後馬鹿な真似をしないように願うばかりです

あなたも好きかも:新台北斗の拳 パチンコ
魔道具の扱いに関する話が終わって、その後ちょっとした雑談をしていたフローリアは、ふと思い出したような顔になって考助を見た

あなたも好きかも:スロット 人気台
「そういえば、今回はこもって何を作っていたんだ? やっぱり魔道具だろう?」「そうなんだけれどねえ」 考助はそう答えながら渋い顔になった

あなたも好きかも:闇芝居 スロット 設置期限
 考助のその顔を見て、上手くいかなかったと察したフローリアは、一瞬シルヴィアの顔を見てからもう一度考助を見た

「うん? 上手くいかなかったのか?」「失敗してもそんな顔をするのは珍しいですが、何かありましたか?」 フローリアに続いて、シルヴィアが畳みかけるようにそう聞いた

 敢えて違う質問をすることで、考助の落ち込み(?)を防いで、話を吐き出させるための二人の作戦だった

 その意図に気付かないまま、考助は微妙な顔になりながら頷いた

「まあ、上手くいかなかったというかなんというか・・・・・・」 考助がそう返答をすると、シルヴィアとフローリアはもう一度顔を見合わせた

 二人は、こんな返しをしてくるときの考助は、話をしたがっていると経験から理解しているのだ

 すぐに頭を切り替えたシルヴィアが、考助を見ながら聞いた

「魔法陣の調整が上手くいかなかったのでしょうか?」「どうなんだろう? そもそもの発想が間違っているのかもしれないね」 少しだけ落ち込んだ表情でそう言ってきた考助を見て、シルヴィアとフローリアは同時に驚いた

 考助が、こんな初期の段階で悩みを打ち明けることは、珍しいことなのだ

 フムと顎に手を当てたフローリアが、探りを入れるのを止めて、はっきりと聞くことにした

「今回は、どんな魔道具を作ろうとしたのだ?」「うーん