ドラクエ5 カジノ sfc スロット

ドラクエ5 カジノ sfc スロット

 明治後期から昭和中期までの、いわゆる「文豪」の作品であれば辞書を引きながらでも読むことがありますよね

 学校の国語の授業で「文豪」の作品を読まされますし、進学試験対策として学習塾でも読まされる可能性があるからです

あなたも好きかも:パチンコ 蒼天 の 拳 2
 でも現在活躍している小説の書き手たちが「金時の火事見舞い」や「待てば甘露の日和あり」などの理解度の低い「慣用句」を用いたらどうでしょう

(まぁ後者は「待てば海路の日和あり」と読み替えられています

あなたも好きかも:パチンコ 財布 落とした 警察
意味は同じですが本来「甘露」が正しいのです)

あなたも好きかも:パチスロ 鬼 浜 爆走 紅蓮 隊
 読み手は「なんのこっちゃ」と思ってその表現を読み飛ばします

 つまり理解度の低い「慣用句」を使って、ムダに文字数を費やしてしまったわけです

 これでは限られた文字数をあまりにも浪費しすぎです

 小説にムダは要りません

 物語で描かれるエピソードやシーンに意味不明な言葉を用いて、読み手が明確にその場面を頭に思い描けますか

 無理ですよね

「あ〜あ、もう顔が真っ赤だよ」「辛抱強く焦らずに時機を待とう」と書いたら一瞬で内容を理解できますよね

 わかりやすい文章を書くためには「わかりにくい言葉を使わない」ことが大前提です

異世界ファンタジーで 異世界ファンタジーに「四面楚歌」「五里霧中」「味噌を付ける」という表現が出てくると違和感を覚えませんか

「古代中国で帝国・秦を倒した諸侯を従えた楚の国の軍が、覇権を争い民衆を従えた漢の国の軍に取り囲まれて懐かしい郷里『楚』の歌が四方から聞こえてきて戦意を喪失する」という故事を異世界の人物が知っているはずがないのです

 また「五里霧中」は「五里霧の中にいる」ことです