高尾 パチンコ カイジ4 問題

高尾 パチンコ カイジ4 問題

「流すよー♪」「はーい」 髪についていたシャンプーを流してもらい、濡れた髪をタオルで吹く

前世ではごく普通の男子高校生だったからこんなに髪を流すことはなかったんだけど、やっぱり髪が長いと洗うのは大変だよ

あなたも好きかも:パチンコ 高継続率 2020
なかなか泡が流れないし、ちゃんとタオルで拭いたと思ってもまだ濡れてるんだから

 続けて今度は身体を洗ってくれるらしく、ラウラが石鹸でタオルを泡立て始める

あなたも好きかも:東郷 パチンコ オープン
「えへへっ

タクヤって女の子みたいに見えるけど、ちゃんと筋肉ついてるよね」「まあ、鍛えたからな」「ふにゅー………腹筋も凄いよ

ちゃんと割れてる」 細身だけどね

 泡立ったタオルを持ったラウラが、背中の汚れを順調に落としていく

彼女は俺が好む力加減までちゃんと把握しているらしく、力を入れてほしいところではちゃんと力を入れてくれるし、逆に優しく洗ってほしいところはちゃんと力を抜いて優しく洗ってくれる

言わなくても、彼女は俺の好みを知っているのだ

 最初は恥ずかしいと思っていたし、彼女が成長してスタイルが良くなってからはなおさら恥ずかしいと思っていたけど、彼女に甘えるのも悪くないかもしれない

 そのとき、何の前触れもなく、暖かくて湿った何かが俺の右耳を静かに愛撫した

あなたも好きかも:台湾 カジノ 年齢
「ん………ッ!?」「ふにゃー………タクヤ、美味しそう………♪」「お、おい、ラウラ………?」 いつの間にか、俺の肩の辺りを洗っていた筈の彼女の手は止まっていた

泡に包まれたタオルは床に置かれ、代わりに彼女の両手は俺の背後から胸板の方へと絡み付いている

ラウラに背後から抱き締められているのだと理解した瞬間、抱き付いていたラウラがそっと顔を覗き込んできた

 微笑んでいるけど、彼女も恥ずかしいらしい

顔は紅くなり、角も伸びている

 静かに顔を近づけてきた彼女を拒むわけにはいかない

いつものように受け入れることにした俺は、彼女の唇を奪った