パチンコ 赤玉

パチンコ 赤玉

 怒りや悔しさや、様々な負の感情と向き合っているようだ

 そんな彼らを窺いながら近寄った弥生は、少し距離を空けた場所で足を止めて深く息を吐き出した

「……馬鹿なことを」 ぽつりと零した言葉に、みんな、ムッとした表情を見せた

しかし、多数にも関わらず、怯むことなく弥生は真顔を向けた

「挑んではいけないと言ったのに……自ら誘うなんて

あなたも好きかも:グレンラガン スロット 期待値
……何を考えているんですか」 睨み責められた反町は、後悔など微塵も見せることなく顎を上げた

「馬鹿なことだろうと関係ない

……これは、あいつとの戦いだ」「戦いと言えば格好いいとでも思っているんですか? ……これだから男子は

……愚かですね」 冷静に突っ返して呆れ首を振ると、不機嫌な彼らを見回す

あなたも好きかも:スロット ドリスタせかんど
「……まさかと思いますが

あなたたちも反町君と同意見、ではないですよね?」 問い掛ける目が射貫くように鋭く細められ、まるで脅しているようだ

しかし、誰も首を横に振らない

あなたも好きかも:スロット アルファ
むしろ、「悪いか?」と視線が前向きに開き直っているかのように感じる

 そんな彼らの様子に、弥生は鼻から深く息を吐いた

「いいですか、はっきり言わせてもらいますよ

……関われば最悪の事態を招きます

もしかしたら将来的になんらかの影響が残るかもしれません

……大怪我、身体的な障害、……離別

……退学になるかもしれませんよ? いいんですか?」「退学だぁ?」 立花は苛つき気味に顎を上げた