高槻 駅 パチンコ

高槻 駅 パチンコ

「よくわからぬが、やはりセツナが勝ったようだな!」 駆け寄ってきたレイオーンの鬣の中から顔を覗かせたレオナが、なんとも満足げにいってきたものだから、セツナも笑顔を返した

「姫様が応援してくださったからこそ、ですよ」「御機嫌取りなどせずともよい」 とはいいながら、喜びを隠せないのがレオナであり、そういう部分を愛らしく思うのがセツナだった

 そしてセツナは召喚武装をすべて送還すると、レオナにせがまれるまま、彼女を抱え上げた

あなたも好きかも:スロット 変圧器
レイオーンに掴まっているより、セツナに抱えられているほうが安心するらしい

それだけ頼りにされているということだし、それだけ、頼れる人間が周囲にいないということの現れでもあるのではないか

あなたも好きかも:パチンコ しない人
 そう思うと、不憫でならないのだが、それももうしばらくの辛抱だ、と、セツナは、レオナの安堵したような表情を見ながら考えていた

 ネア・ガンディアとの決戦に打ち勝ち、獅子神皇を討ち滅ぼせば、そののちは、レオナのために全力を尽くそう

それがレオンガンドへの忠誠の証となるはずだ

 獅子神皇レオンガンド・レイグナス=ガンディアではなく、ガンディア国王レオンガンド・レイ=ガンディアへの

「随分と余裕じゃのう」 などと、余裕たっぷりにいってきたのは、小飛竜態に戻ったラグナであり、彼女は悠然と舞い降りると、当たり前のようにセツナの頭の上に乗っかった

「おまえにいわれたかねえよ」「ふふん」「あれ、本気じゃなかっただろ」「わかるか? そうじゃ、その通りじゃ」「ま、そりゃそうだよな」 そんなことをすれば、碧樹の丘にいる全員を巻き添えにしかねない

そんなわかりきったことをいまさらのように再確認して、セツナは、自分が馬鹿げたことをしたのではないか、と思った

とはいえ、まったくの無意味ではなかったはずだ