パチスロ 花火 機械割

パチスロ 花火 機械割

 ただ、その分ママと私の距離は離れたように感じる

 最近は順調に事が進みすぎているせいか、月に一度の母娘の密会がないときがある

「少しすみません、リエル様……!」 大事な話の途中だったが、勝手に身体が動いていた

あなたも好きかも:偽物語 スロット ボーナス抽選
 頭の中にある名目は『天上の七騎士(セレスティアル・ナイツ)』についての相談だったが、本当は心の奥にある寂しさに背中を押されて、渡り廊下まで走り、声をかける

「あのっ――」 私の接近にママは誰よりも早く気づいていた

 そして、私の言葉に先んじて、笑顔で称賛の言葉を投げかけてくる

「ふふっ、今日も鍛錬しているのね

あなたも好きかも:パチンコ 加須
立派よ、ラグネ

この調子でリエル様をお守りできる最高の騎士になるのよ……」「……え

あなたも好きかも:パチンコ 逆シャア 保留
……は、はい」 立ち止まり、私は頷き返す

 それを確認したママは、すぐに視線を旦那様に戻した

「失礼しました、旦那様

参りましょう」「うむ」 一言の激励を残し、二人は去っていく