パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ r2 c.c. version

パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ r2 c.c. version

マイたちのことを大切に思ってくれているのは嬉しいわ

あなたも好きかも:パチンコ 義風堂々
けれど――」「マイ……」「わたしは――わたしたちは、一斗

あなたがいない世界なんてこれっぽちも望んでないわ」 そう言って俺を見つめながら寂しそうに笑うマイと、マイの言葉に頷いて同意しているティスティの姿を見ていたら、次第に意識が飛んでいくのを感じる

 ザザッ<誰かのために独りで働きまくっている今より幼い俺が見える>(そんなに独りで頑張ってどうするんだ、俺?) ザザッ<そんな俺のことを悪くいっている奴らの陰口を聞いてしまい、あの少女が見るからに悲しんでいる>(俺は、俺は本当にこのままでいいのか!?) パキーンッ! 一斗のみぞおち辺りから五芒星の魔法陣が現れた

星は鎖でがんじがらめで固められていたが、二つ目の鎖が砕け散って消滅した

「「!?」」「何なの、これ?」 この光景を初めて見た三人は、それぞれ反応を示した

あなたも好きかも:蓮舫 パチンコ
 次第に魔法陣は消えてなくなり――、一斗はそのまま重力に引っ張られるように地面に倒れた

「「一斗!!」」 ◆エルピス宿舎 寝室「う、うう……こ、ここは?」 目を覚ますと見たことのある天井が見えた

「気がついたかね、一斗くん」「あなたは……ハイムの森近くで出会った、カール……さん」 視界には安心感のある笑顔で見つめるカールの存在が入り、会って間もないのにどこかホッとしているを感じる

「あー、まだ動かないでくださいね

今からお二人を呼んできますから」 カールは起き上がろうとする俺をそっと制して、部屋から出ていった

あなたも好きかも:マクロス スロット 初代
 ふ〜っと、ひとまず落ち着いてゆっくりしようとしたところ――、「「一斗、大丈夫?」」 ドアが壊れるんじゃないかっていうくらいの勢いで部屋に入ってきたマイとティスの登場で、ゆっくりする雰囲気が消し飛んだ

「おぅ、おはよう! 二人とも」「『おはよう!』じゃないわよ! 突然倒れたからビックリしたじゃない」「わ、わりぃ、わりぃ

なんで倒れたかわからんけど、今は体調は良い感じだぞ