パチスロ 十字架 演出

パチスロ 十字架 演出

「すみませんでした先生」 優樹が申し訳ない笑みで近寄ると気配に気が付いたのか、フッと流優は目を開けて顔を上げ、「マァー」と口を尖らせて手を伸ばしてきた

やはり母親が一番のようだ

優流は優流で「パアッ!」と笑みをこぼし、でこぼこに積み上げた積み木を「見て!」と報告する

 優樹は保宅の隣に座って、移動してきた流優を抱き締め、反町は見上げる優流の頭を撫でると、あくびと共に背伸びをする保宅に目を向けた

「鈴木さん、少しは元気を取り戻したって感じだけど……」 子どもたちの面倒を見てくれていたことに感謝の一つもせず早速切り出すが、保宅は気にもしないのだろう、「そうか」と腰を上げて深く息を吐いた

あなたも好きかも:スロット 獣王 王者の覚醒 やめどき
「あの子は素直なくらい喜怒哀楽が激しいからな

おまえたちと会って、少しは気が紛れたんだろ」 そう呟いてデスクに向かう、目も合わさない保宅に、優樹はしがみついて胸に顔を埋める流優の背中を撫でながら不安げな目を向けた

あなたも好きかも:バカラ 金沢
「……また、元気になるんですよね?」 ほんの少しでもいい

すぐにではなくてもいいから、とにかく、元気になる確証が欲しかった

 光をもたらすような答えを求めてそっと問い掛けるが、保宅からの返事はない

あなたも好きかも:パチスロ 動画 よっしー
――迂闊なことは言えないのか、余程深刻なのか

 書類を確認しながら重ねまとめていく姿に優樹は視線を落とし、反町は肩の力を抜きつつ、積み木を片付けて鞄に仕舞うと優流を抱き上げて嫌がる彼を強引にベビーカーに座らせた