涼宮ハルヒ スロット 朝一

涼宮ハルヒ スロット 朝一

霊系統のアンデッドも実体を持つ死者と同じで話せるアンデッドは多い

こちらは物理的な害を伴わないということもあって死者よりも比較的安全性は高い

まあ、当然ながらアンデッドは魔物、死者よりも害は少ないと言っても霊系統のアンデッドに害がないわけじゃない」「……どういうことっすか?」「霊系統のアンデッドには同じ力、つまり霊系統でなければ攻撃できない……これは抵抗できないということでもある

物理的な攻撃が通用しないのなら、物理的な防御も通用しないということだ」「でも、別に危険じゃないっすよね?」「確かに霊系統のアンデッドの攻撃は肉体にはダメージを与えない

物理攻撃が通用しないということは物理的に存在しないということ、それはこちらにとっても問題だが向こうにとっても問題だ

だけど、逆に言えば、物理的な部分でないならば攻撃が通用するということになる

霊的な攻撃がね?」「霊的な攻撃……」「物理的な攻撃ではない

直接体の内側に触られるようなものだ

抵抗のしようがない

あなたも好きかも:テーブルゲーム 遊戯王
同じ霊的な部分で抵抗するしかないわけだが、僕ら人間はアンデッドと違いその力を認識していない

つまり相手の一方的な攻撃になってしまう

霊的なアンデッドの厄介さはそこなんだよ」 物理的に攻撃が通用せず、相手の攻撃はこちらの物理的な防御に阻まれず一方的な攻撃を受ける

霊系統なアンデッドはそういった点で極めて厄介となる

あなたも好きかも:十文字 ぱちんこ
ただ、その分倒しやすさという点では死者よりも比較的倒しやすいという特徴が霊系統のアンデッドにはある

「ただ、その分霊系統のアンデッドは消滅しやすい

物理的な防御、肉体はある種の檻であり、ある種の守りだ

霊系統のアンデッドは日の光に弱く、昼間に表に出てこようとすれば消滅の危険がある

ここはアンデッドの力次第ではあるんだけどね

だから人間に憑いて昼間は隠れていたりすることがあるし、日中の目撃証言は少ない