新宿 パチンコ エスパス

新宿 パチンコ エスパス

ダンスを中断されると、その参加者達は魔術の誓約であわいの取り分となってしまう

だから誰も大騒ぎはしなかったのだと、ネアは今更ながらに納得する

あなたも好きかも:自作 ルーレット
「……………もしかして、ディノが何度か持ち上げてくれていたのは、私が獰猛だからではなく、足元が危なかったからなのですね?」「うん

私は階位的に落ちることはないけれど、彼等の獲物の規定を満たしている君には危うい

恐らく、波の中にいたのは夏の夜明けの系譜の妖精達だろう」「まぁ、夏の夜明けな系譜の妖精さんだったのですね」「あわいの深みに住む者達だから、地上に住む者達とは少し違うかもしれないね」そう聞けば、ネアはひやりとする

そのあわいの向こう側にいる生き物達は、見知っている妖精達と何かが大きく違うのではないかという気持ちになって、少しだけ怖くなったのだ

あなたも好きかも:zenfone go スロット
今迄踏み滅ぼしてきたものとは違う、得体の知れない生き物のように思えて、あまり深追いしなくて良かったと胸を撫で下ろす

あなたも好きかも:パチンコ サンコー鴨居
また音楽が聞こえてきて振り返ると、花輪の塔の方では、無事に次のダンスが始まっていた

くるりくるりと水色のドレスの裾が翻り、敷き詰められた花びらに滲み光るのは星屑のような魔術陣の中の光だ

心なしか、先程ネア達が躍った時よりはその光は少なくなっているような気がする

(あの光は、干渉の数だと分かってはいるのだけれど…………)その絵のような光景にしばし見惚れていると、ノアと一緒のエーダリアがこちらに戻ってきた

あちこちの責任者達と忙しなく通信を重ねていたようだが、やっとひと段落ついたようだ

「…………ネア、よく無事でいてくれたな