ベットシステム カジノ

ベットシステム カジノ

あなたも好きかも:スロット ラッシュとは
 あれ、メイ、来てたんだ

良かった

 ちょうど、お兄ちゃん……じゃなくて タカユキ様たちが来ててね」「う、うん」美射はさっきから少し離れて腕を組んでニヤニヤと俺たちを眺めている

ようやく声帯が声を発せそうになったので勇気を出して「メイリン、久しぶり」と歩み寄って手を差し出すと無言のまま、軽く握り返してくれた

着物姿じゃなくて旅装だからかもしれないがしばらく会わないうちに、少し大人びたなと思いながら、手を離して「じゃ、俺たち行くから

マサヨシまたな」「またね」マサヨシとも握手して金塊の入った革袋を背負って出て行こうとすると「……ご家族の、お幸せを祈っています」すれ違いざまにメイリンがボソッと呟いた

何も答えられずに少し頷いて扉を開けて、何とか外へと出る

あなたも好きかも:パチスロ 新橋
毎度のことながら辛い

あなたも好きかも:パチンコ 確定ハズレ
この世界に来るまでは元々非モテだった俺の心の容量では受け入れられない重さだ

金塊を降ろして、地面へとしゃがみこんでいるとセイと美射が揃って出てきて「おい、タカユキ?頭痛か?それとも 辺境の不味い食い物で、お腹痛くなったか?」暴言を吐きながらも、珍しく心配してくれるセイに美射がニヤニヤしながら「セイちゃん、もてる男の苦悩よ

 私たちを前にして、嫌味だと思いませんかー?」「そうなのか?セイ様もその苦悩は分かるぞ

 エリーアスとか、顔を会わすのも最近まで辛かったからな

 この魔族国一の美貌に、言い寄ってきた男たちは星の数ほどだしな」「そ、そう言えば、そうだよね……いいなぁ

 私もフェロモン過多の物理体造ってモテてみようかな

 でも今は但馬が居るしなぁ……エネルギーも無駄にできないし……」腕を組んで、謎の思索を始めた美射は見ないようにして革袋を背負って立ちあがると頭上がいきなり暗く陰る

パッと上を見上げると、真っ青な巨竜と、真っ赤な巨竜がゆっくりと地上へと降りてくるところだった

近づいてくると、彼らが誰か分かる