エアー オンラインゲーム

エアー オンラインゲーム

ここに来ることを誰かに申し伝えてきた可能性もある」「と言うことは、内緒にするよりは、さっくり告白してしまった方が良さそうですね」「ネア………?もしかしたら、君はあの箱庭を失うかもしれないよ」「ディノは、もしかしてそのことで落ち込んでしまったのですか?」「君は、私を厭わないのだろうか

あの場所は、とても大切な場所なんだろう?」「はい、とても大切な場所なので、ディノがあの場所に悪さをしたら怒り狂いますが、不可抗力の範囲であれば仕方ありません」「……私は知っていたんだ、……レーヌが代理妖精だと」「まぁ

……それでも我慢出来ないような理由があったのでしょうか?」少し体を離してそう問いかけると、ディノは悲しそうな顔でネアをぎゅっと引き戻す

単純に落ち込んでもいるが、少しばかり、可哀想さを誇張して許してもらおうという戦略の欠片も見えて、ネアはひそかに苦笑した

「あの妖精が、君を知っていることが嫌だった」「……え、それだけですか?」「あの妖精は、私が関わるものを壊すのが好きで、よく引き裂いていたんだ

執着はあまりしないから気にしていなかったし、煩わしい不愉快さも時には新鮮だからね」「……ノアが、ディノは好みではない方にもあえて手を出していたと話していました」「………ネア」「そんな顔をしても、私は、あなたの過去まで余分に許容する程、善人ではありません」その言葉は意外だったのか、ディノは目を瞠って声を失った

あなたも好きかも:カジノ ルーレット 販売
ネアが不機嫌ではない理由がよくわからないのか、綺麗な目を瞬いている

「なので、あまり褒められた嗜好ではないと思いますが、お二人の過去のことはぽいっとしましょう

あなたも好きかも:モナコ カジノ
それよりも、私の身の回りのことを心配してくれて嬉しかったです」「ご主人様!」「まずは、エーダリア様達にご相談します」また少し不安そうに視線を彷徨わせたディノに、ネアは小さく微笑んだ

「それでもし困ったことになったら、あの森のお家にでも引越ししましょうか

あなたも好きかも:バカラ 連続記録
ディノがいれば怖いことはないでしょうし、諸国漫遊しても良いですね」「……君はそれでもいいのかい?」「私は、取捨選択が出来る人間です

以前にも話しましたよね?……その後のことは覚えてますか?」「私の方が歳上だから、頑張るんだよね?」魔物が正解したので、ネアは三つ編みを引っ張ってやった

やっと安心したのか、ほろりと微笑んで、ディノはネアの頬に手を寄せる

「それに、お仕事はきちんと終わらせたので、あんまり怒られないと思いますよ?」「………そう言えば、あの鹿を忘れていたけれど、……ご主人様?」「あやつは退治しました

これで今日の仕事はお終いです!」「え、ネア……あの輪の中から、どうやったんだい?」「靴紐を緩めたブーツを振り回して叩きのめしました」「ご主人様………」慄いているのか、頬を染めているのか、変態らしく分かり難い反応を示す魔物を見ながら、ネアは魔物には察し難い人間の狡賢い部分を思う

(第四王子様の、代理妖精なら………)ヴェルクレアの王子は、五人いる