ドラクエ カジノ 5スライム

ドラクエ カジノ 5スライム

 そして、魔族の国にある街"レイル・マディーナ"の探索がスタートするのだった

時間は夕刻

どちらかと言えば夜に近い

 目に映る太陽と月が二つの方角に一つずつあり、空を星が瞬《またた》く光景は中々風情がある

 そんな紫色の空の下、薄暗い道を行くライとフォンセは周りの様子を見ながら歩いていた

「……当たり前というか、なんというか……別に変な目で見られたりしないな

あなたも好きかも:シンフォギア フリーズ パチスロ
この街に住んでいる訳じゃないのに」「まあ、そうだろうな

あなたも好きかも:スロット 分岐計算
おそらくダークが言っていた、"他の国"とやらからも魔族の客が来たりするのだろう

そしてこの街の広さ……まあ、おかしな行動を取らなければそう怪しまれることはないだろう」「まあそうか、そうだよな

流石に住んでいるもの以外立ち入り禁止とか無いか」 ライは正直、街に入って直ぐに争い事や面倒事に巻き込まれると懸念していたが、そんな事は無く普通に溶け込めていた

 強いて言えば、裏路地から変な声が聞こえてくるくらいだ

「……で、何だよあの声は……」「知らん