韓国 ホテル カジノ

韓国 ホテル カジノ

 懐に忍ばせた一冊の本――とはまだ言えない紙束だった

あなたも好きかも:パチンコ 擬似乱数
この数年、少しずつ溜めてきた私の『冒険』の記録に触れる

 装丁しようと思って結局できなかった『私の手記』には、まだ余白があった

 最終章と銘打たれたまま、まだ書き切れていない白紙の部分だ

そこに書きたいことは、たくさんある

だが、流石に、いま続きを書く暇はない

あなたも好きかも:画像 ルーレット
 それが私の最後の『未練』に―― なることは、決してない

 この本は私がいなくなってても、きっと完成する

あなたも好きかも:縁日 パチンコ
 ――続きは、カナミが書く

 そして、カナミが書き続けてくれる限り、『私の手記』は続く

 『たった一人の運命の人』のどちらかが欠けてしまっても、ずっと物語は続いていく

 大聖堂に閉じ込められていた頃、あの散らかった青空教室の中、そんな本があった

最後の頁はハッピーエンドで、とても二人は幸せそうに笑っていた