化 物語 スロット プレミア

化 物語 スロット プレミア

ナイフで切ったライ麦パンに缶に入っているマーマイトを塗りながら、天井にぶら下がっているランタンを見上げた

 この塹壕で生活を始めてから、もう一週間も経過する

 輪廻があのメールを転生者共に送信したせいで、俺は毎日この小ぢんまりとした塹壕で俺を殺そうとするバカ共を毎日返り討ちにしていた

あなたも好きかも:パチンコ おそ松くん
時折俺よりもレベルが高い転生者が混じっていることもあるけれど、未だにこの塹壕の中に転生者の侵入を許したことはない

だから白兵戦用に持ってきたナイフや棍棒は未だに未使用である

 自分たちには圧倒的な力があるのだから勝てるだろうと高を括っている連中ばかりだから、いつも戦いはOSV-96や迫撃砲をぶっ放すだけで終わってしまう

大量の転生者が攻め込んできても迎え撃てるように重機関銃も持ってきたんだが、あれを使う必要はなさそうだ

 強化された身体能力と剣を組み合わせれば銃よりも強いと勘違いしている連中ばかりなので、かなり戦いやすい

きっとあいつらはなぜ剣や槍が廃れて銃に取って代わられたのかを理解していないのだろう

あなたも好きかも:南国 育ち スロット 4 号機
 確かに転生者の身体能力と剣を組み合わせれば強いだろう

だが、その身体能力と銃を組み合わせた方が遥かに強いのだ

どれだけ切れ味が鋭い剣でも、標的に肉薄して振り下ろさなければならないのだから