スロット 麻雀格闘倶楽部2 フリーズ

スロット 麻雀格闘倶楽部2 フリーズ

そこで、私には理解出来ない話を、御三方は交わしていたのがここで一旦止まる

―――あ、あの、ガブリエル……様は、天使様ですか?

今の自分の立場も状況も、さっぱり把握出来ないけれど、私は"勇気"と思える物を振り絞ってその時、尋ねる

一気に御三方の視線が集まって、私は"ウリエル"に抱えられたままビクッとしてしまう

あなたも好きかも:江戸川区 パチンコ 環七
御三方は、綺麗な、大地の様な、叡智に満ちた、それぞれの瞳を使って、視線で会話を交わした様子だった

あなたも好きかも:パチンコ giga 盛岡
そして代表に口を開いて―――私に説明を始めてくれたのは、先程から優しさばかりを感じさせてくれる"ガブリエル"だった

―――そうですね、人の言う定義でいうなら、私は貴女が住んでいた世界の"水を司る天使"、ガブリエルとなります

ゆっくりと、説明してくれて白い手を私に伸ばして優しく頬に触れる

もう、殆んど記憶にもないけれど"人の最後"として味わった熔岩の灼熱を恐ろしさと痛みをぬぐい去るような、優しい冷たさが伝わってくる

―――そして、"天使"で限っていうのなら、今貴女を抱えている"ウリエル"も天使なのですよ、御存知ではありませんか?

ガブリエルが、ニッコリと笑って私を抱える、″ウリエル″という方を見上げる

―――何じゃ、その"こんな褐色の肌した逞しい方が天使なの?!"という視線は?

あなたも好きかも:テーブルゲーム ダニー
―――す、すみません

感じていた事を、私は露骨に表情に出してしまっていたのを、ウリエルという天使様は見事に読み取っていた

身体は大きいが、存外細やかな所がある御方―――天使様なのかもしれない

―――謝らんでいい