化物語 スロット 演出 忍

化物語 スロット 演出 忍

 今はその道を通って、街に向かって歩いている

 歩きながら草やら虫やらを左目で確認しながら歩いていた考助は、コウヒとミツキが視線を交わしているのに気付いた

「なんかあった?」「いえ、どうやらこの先で戦闘が起こっているようです」「・・・戦闘? ・・・ああ、あれ?」 考助の視力では言われて初めて、なんか起こってるかな?、程度のことしかわからない

「・・・どんな状況かわかる?」 基本こういう時は、二人は自分から動くことはないのが分かっているので、先に聞くことにしていた

「うーん・・・馬車らしきものがあって、それを魔物が襲ってるって感じかな?」「襲われてる方が、わずかばかり劣勢でしょうか」「そうねー」 それを聞いた考助が、イベント来たー、と思ったのは、どう考えてもそういうものに毒されている、と言われても仕方がないだろう

あなたも好きかも:パチスロ 未練 打ち
残念ながらそれを突っ込む者はここにはいなかったが

あなたも好きかも:30代 パチンコ バイト
 わずかばかり考えて考助は、ミツキへ指示をした

「ミツキ、間に合う?」「大丈夫よ」「じゃあ先に行ってきて

・・・あ、翼は無しでね」「はーい

じゃあ、行ってくるわ」 この世界は人族以外もいるというが、さすがに翼を持った種族はいないということなので、翼は出さないように言う

あなたも好きかも:シー・オブ・パールズ
ちなみに飛龍たちから降りた時点で、二人は翼を消して行動していた

 ミツキを先に行かせて、考助たちも先を急ぐ