ピクセルカンパニーズ カジノ

ピクセルカンパニーズ カジノ

「それよりヴァルハイツはどう動くかねえ? 自国の亜人種共はまあ、あの婆さんにやらせるにしても、ヴィルヘイムと妖精王のどちらにも戦力を裂いちゃあなあ……」「ま、妖精王は動きが止まってるし、さっさとヴィルヘイムを落とす気なんじゃない? 第三勢力の思惑を見逃さないことが前提だけど……」「第三勢力(レイチェル)ねえ……」 するとクルシアは楽しそうに高揚した声を上げて笑う

あなたも好きかも:熊本 パチンコ ランキング
「アッハハハハハッ!! ま、事の元凶たるボクは高みの見物だけどね」「それだが、アルビットの奴は良かったのか?」「ん? んー……良くはないけど仕方ないよ

だってボク、ちゃんと忠告したしね」 クルシアにとってアルビットは結構貴重な魔法が使える部類だったが、割り切りも早かった

 だからこちらについても尋ねることにした

「あの攫(さら)い屋の嬢ちゃん達はどうするつもりだ? 一応、ヴァルハイツ軍と同行させてるが……」「決まってるじゃない! この戦争(パーティー)を盛り上げる引き立て役に是非なってもらおう」 まだちょっかいを出す気なんだと思う反面、自分も奴らと同じ雇われの身

 もしかしたらと悟るが、クルシアはニコッと笑う

「大丈夫だよ、ザーちゃん

君とボクの仲じゃないか

彼(アルビット)はともかく彼女達(ジルバたち)のように使い捨てにするつもりはないよ」「使い捨てか……」 この戦争であわよくばクルシアを楽しませる散り役として、投入する腹詰まりなのだと寒気が走った

あなたも好きかも:パチスロ 双龍 公約
「それよりいいんですか? アミダエルのところ、彼女らが攻めるようですけど……」 バザガジールがヴァルハイツ本国について尋ねると、頭の上で手を組む

あなたも好きかも:パチンコ クイズ
「ああ、あの婆ちゃんなら大丈夫だよ

それに……」 口元が大きく緩む