スロット 不思議

スロット 不思議

 その忌避感が、フランシスカを後ろへと回避させる

 すると、そのまま振り上げられる筈だったエミリアの大剣が、突然ぴたりと止まった

あなたも好きかも:北斗無双 パチンコ 選び方
「!?」「ふん」 なぜ剣を止めたのかと思った瞬間、まるで剣だけを置き去りにするかのようにエミリアが1歩前へと前進した

そして右手を愛用の得物の柄へと伸ばして掴むと、大剣を地面から引っこ抜き、まるで柔道の背負い投げをするかのように構えてから思い切り振り下ろしたのである

 土の中から引き抜かれた漆黒の大剣が、蒼い電撃を纏う

 モリガンのメンバーの中でも接近戦を得意としていたエミリアは、銃という異世界の武器を知っても、剣を手放すことはなかった

彼女にとって最良の得物は、やはり銃よりも剣だったのだろう

 だからこそ剣を使い込み―――――――慣れたのだ

「フェイントだ、阿呆」「こ、この――――――――」 振り下ろされた刀身が、再びフランシスカの頭を蹂躙した

あなたも好きかも:パチンコ 回収 曜日
 おまけ 親父たちのせい要塞の騎士1「オルトバルカ人は通してやらないからな」要塞の騎士2「ぎゃははははははっ!!」タクヤ「く、くそ………」フランシスカ「見つけたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」ラウラ「ふにゃああああああああ!?」エミリア「………原因は私たちだよな?」リキヤ(ご、ごめんなさいッ!) 完

「ぐ………げ………ッ!」「貴様の怨念はこの程度か、フランシスカ」 頭を大剣で両断され、大量の鮮血を森の中にまき散らしながらもまだ睨みつけてくるフランシスカを、母さんは冷淡に見下ろしていた

 21年間も恨み続けたのならば、その怨嗟は凄まじいものになるだろう

あなたも好きかも:スロット 無駄打ち
だが、彼女が親父や母さんを恨み続けている間に、母さんたちは数多の実戦を経験して実力を上げ続けていたのだ