ケンシロウ ケン スロット

ケンシロウ ケン スロット

その事実、潔く認めよう

わたしがおまえを倒すために仕掛けた戦いは、わたしの大敗で終わった

わたしが作り上げた軍勢も、紡ぎ上げた戦略も、築き上げた勢力も、すべて、おまえとおまえの軍勢の前に叩き潰された

わたしはただのひとりとなった」 そうまで断言してから、ジゼルコートが背後の女騎士を一瞥した

「彼女かね

彼女はわたしだ

あなたも好きかも:ブラックジャック 女
わたしの半身だよ」 女騎士は微動だにしなかったが、ジゼルコートに半身と呼ばれた瞬間、表情が綻んだように見えた

彼女は間違いなく喜んでいた

ジゼルコートのことを心の底から慕っているのだろう

あなたも好きかも:バカラ カウンティングアプリ
「レオンガンド

あなたも好きかも:パチンコ アルバイト 大学生
おまえは強い

おまえほど半端なものもいないというのに、どうしてわたしはおまえに勝てなかったのだろうな」「それは……」「いや、いうな

わかっているさ

わたしがおまえに勝てるはずなどなかったのだ」 ジゼルコートは、卑下するでもなく、ただ冷ややかに告げてくる

「王の王たるものたるおまえに、たかが王族の成れの果てたるこのわたしが太刀打ちできるわけもなかったのだ」 自嘲しているわけでもなければ、卑屈になっているわけでもない

ただ淡々と事実を述べるように、彼は続けるのだ

「わかっていたさ