モンハン スロット 6号機 評価

モンハン スロット 6号機 評価

 なにごともなく海の上の光の道をただひたすら突き進んでいるときであり、ちょうど全軍のそこかしこに気の緩みが出始めるような頃合いだった

それを知ってか知らずか――いや、当然知ってのことだろうが、エインが全軍に気を引き締め直すように告げ、また、警戒を厳命した

 すると、彼が予知していたかのように第五陣が襲いかかってきたため、地上組が大いに奮戦した

あなたも好きかも:ケロロ軍曹 パチスロ
 激闘だったが、これも撃滅せしめた

 既に五戦

 いずれも大量の神兵のみを相手にする戦いばかりであり、連合軍側の損害は軽微といえる

「この調子なら、なんの問題もなく走破できそうだが……」「そう上手くは行かないでしょうね」 エインのいうとおりだった

あなたも好きかも:ダイワ 習志野 パチンコ
 第六陣は、これまでの敵襲とはわけが違ったのだ

まず、規模が違う

ただでさえ膨大な数の神兵を送り込んでくるだけだったのが、その二倍どころではない数の神兵が押し寄せた上、そこに使徒が混じっていたものだから、大混戦となった

 物凄まじい戦いに終わりが見えそうもないと感じるやいなや、エインは、空中組を戦場から離脱するように命じた

 つまり、地上組で敵軍第六陣を引きつけている間に、空中組だけを前に進ませようというのだ

 もちろん、反対はあった

あったが、エインの戦術に従うことこそが道理である、という意見にはだれもが納得するしかなかった

 元より地上組と歩調を合わせて進軍し続けることは考えられていなかったのだ

途中で別れ、空中組だけで進撃する予定だった