スロット 大海4

スロット 大海4

すでに刀身の中には、隠れていた間に天火を流し込んでいる

今や明星は、飛翔する不死鳥のように煌々と輝いている

こんな法術がある、と言われれば、何も知らない人々は信じてしまうかもしれない

あなたも好きかも:ラウンドワン 栗橋 パチンコ
 直撃の寸前、カナンはパッと両腕を離した

「!?」オーディスの顔に困惑を浮かばせながら、ハザルは何とか月桂樹で飛刀を斬り上げる

 だが、胴ががら空きになった

彼らが宿主を守るべく剣を下ろすより、カナンが連射した閃光が殺到する方が早かった

あなたも好きかも:メルコ カジノ
 黒炎の幕が蒼炎を妨げるが、そんなものお構いなしにカナンは、翼一つ分の天火を弾丸に変えて撃ち続けた

その苛烈さと破壊力は、ツァラハトにおけるどのような兵器も到底比較にならない

あなたも好きかも:パチスロ 朝比奈
黒炎によって威力を減衰させられようが、一瞬こじ開けた穴に次弾が飛び込んでは本体の肉体を消し飛ばしていく

 あわよくば再生不可能なところまで削り切るつもりだった

だが、月桂樹による防御が成功し始めると、カナンは攻撃を停止せざるを得なくなった

これ以上は逆効果だ

何とかしてあの武器を制圧する必要があり、現に一瞬の間抑え込むことが出来たものの、もう二度と通用しないだろう

 だが、イスラもカナンも、今の一連の攻撃の中で一つ明確な手応えを感じていた

 防御のための黒炎が重点的に充てられていた箇所