スロット 月曜

スロット 月曜

クレテイユの東2キロ)やクレテイユ方面の各堡塁から激しい砲撃がありました

この砲撃はセーヌ渡河点のショアジー(=ル=ロワ

同南西5.2キロ)に対しても行われます

 ショアジーに対して仏軍はこの11月最終週に2回に渡って夜間襲撃を仕掛けており、これはその都度任地で警戒していた普第6軍団が撃退し事無きを得ていたのです

 この晩(翌27日早朝午前2時過ぎ)も仏軍はヴィトリ(ショアジーの北3.5キロ)から出撃すると普第6軍団の前哨を駆逐してティエイ(同西1.5キロ)とシュヴィイ(同西北西4キロ)付近まで進出しますが、この攻撃は既に「要塞化」している両部落を守る普第38連隊によって撃退されました

あなたも好きかも:スロット バベル
 仏軍は翌28日黎明前にも攻撃を仕掛けますが、同様に普擲弾兵第10連隊の防戦によって失敗しています

 この仏軍攻勢の兆候は27日を境に包囲網南と東側で顕著となり、その最前線で敵の動きを探る普軍の前哨たちは「仏軍はヴィトリとメゾン=アルフォール(クレテイユの西北西2.6キロ)間においてセーヌに新たな橋を増設中」「市内からヴァンセンヌ等東側堡塁群に向かう列車の往来が頻繁となっている」などと報告し、また、包囲されても変わらず発行され続ける市内の各新聞(多くは壁新聞)や間諜、そして毎日のように発見される脱走兵の尋問からも「仏軍は数日以内に東か南に一大出撃を敢行する」との確証が得られるのでした

あなたも好きかも:西台 パチンコ アルバイト
その中で一番の証拠と言える情報は「パリ市内から東方郊外並びに北東方郊外へ通じる全ての道路上に設置されていたバリケード類が撤去され、周辺住民は市街と各堡塁周辺部間の通行を禁止された」と言うものでした

☆ パリ防衛軍の再編成と「東進」の開始 元より仏国首都パリの兵員は出身・組織・練成度もまちまちな「寄せ集め」ですが、包囲以来「漠然とした区分」で野戦兵力・防御兵力・後備治安兵力に分けられ、それぞれ任地に就いていました

 これを組織化し、三軍に編成し直したものが11月6日に発表された「パリ軍」でした

 パリ軍は市内に散在する正規野戦軍、戦争前徴兵の護国軍、9月政変で編成された「臨時」国民衛兵*、警察や消防に各所の衛兵、そして義勇兵を練度と「信頼度」によって区分けし、軍団・師団・旅団・連隊に編成し直したもので、「パリ第一軍」「パリ第二軍」「パリ第三軍」に統括されました

 パリ第一軍は臨時国民衛兵266個大隊、騎兵隊1個集団、砲兵1個集団から編成した戦闘兵員数16万に及ぶ巨大な軍として計画されますが、実体は新兵教練を終えたばかりで制服や装備、旧式の備蓄武器すら満足に行き渡らずにいた「数ばかり大きい素人の集団」でした

あなたも好きかも:パチンコ コンコルド 遠隔
彼らは主に「ティエールの壁」防備と市内治安警備に使用されます

それでも万一に備え、臨時国民衛兵中「優秀な兵士」を抜粋して「戦闘中隊」なるものを創設し、これらの中隊を適宜400から500名程度の「マルシェ歩兵大隊」に集成し編成、彼らは各要塞や分派堡塁に勤務する「正規の」護国軍部隊が野戦軍への応援として戦場に駆り出された時、代わって要塞勤務に就くため待機することになります

 11月8日、パリ第一軍は59個「マルシェ」連隊の下238個大隊の歩兵、6個中隊の騎兵、1個集団の砲兵で正規発足しました