バカラ アルクール イブ

バカラ アルクール イブ

 契約が続けば、正気を保てるとか何とか……」「……そうですか……」アルデハイトはしばらく無言で考え込む

あなたも好きかも:パチンコ店員 こっとん
眼下には俺たちに城壁を無残に破壊されたマグンが見えてきた

「おそらく、おばさんならその辺りも抜かりなくやるとは思いますが 私もトークショーが終わり次第、ゴルスバウ統合の手伝いに入りますね」「ほんと、すまん……あのアホのせいで……」「セイちゃんがごめんなぁ」「いえいえ、良いのですよ

日陰仕事が多いもので、 この機会に衆人環視の中、語る妙味というものを、探ってみようと思っていますよ」アルデハイトはサラッと凄そうなことを言った

ほんと会った時と比べると、相当懐が深い大人になったようである

あなたも好きかも:歌舞 伎町 インカジ
俺はアルデハイトの成長速度についていけているのだろうかと時々、心配になる

「思念の部屋で大いなる翼の情報を聞けるらしいんだが」「ええ

その話も存じていますよ

恐らく飛行装置でしょうね

ただ、規模がどのようなものか……」「規模?」「ローレシアンという国自体、星型の特殊な形をしているとは思いませんか?」「……!?」「うわぁ……」タガグロが驚嘆する

いや、確かに中央山がブリッジで全体が浮き上がると想定すると……

いやいや、待て待て待て待て

そんなことになったら浮き上がらない大地とのライン上に住んでいる人たちとか大変なことになるだろう

地割れとかも起こるだろうし周知徹底しないと最悪、人死にも、と懸念を膨らませているとアルデハイトがそれを察したかのように「いえ、もちろん最悪の想定のひとつですよ

 国が丸々一つ浮き上がるとすると、地域間のパワーバランスが まったく違ったものになってしまいますし、住民の避難も大規模なものになるでしょう」「……菅が、分け分からんもの作ってないことを願おう……」「そうやね……」しばらく雑談していると、眼下にグリスラー市の明かりが見えてきた