ブラックジャック 漫画 どれ

ブラックジャック 漫画 どれ

脅迫も、誘導も、簡単にできるからね、だからこそ指揮者がタクトを振るように、ただ知識を持っているだけなのに、いろいろと場を支配したりもできるから、識鬼者なんて呼ばれるのさ

とはいえ、初代識鬼者として僕がやったことだけれどね」「アンタがやってのかい

協会が大混乱だったとは聞いてるサ」「そりゃ仕方ないだろう? ――僕にも目的があったからね

あなたも好きかも:スロット 設定狙い 根拠
なに、死者は二人しか出ていないよ

僕を束縛していた両親だけだ

見た目も事故だし問題はない」「どっちの意味の〝事故死〟でもアタシは気にしないサ

とにかく、アンタはアタシを利用しようってんだね? その流れで、アンタはその仕組みを渡したい」「間違いはないよ

あなたも好きかも:ネットカフェ オンラインゲーム 注意
訂正もない」「アンタの目的ってのは教えてくれないのかい」「僕がやることの成果は、近い内にわかるだろうけれど、結果が出るのはせいぜい、五十年後くらいなものさ

その頃には僕の存在を知ってる人間の方が少なくなってるだろうね

ついでに言えば、君はもうここにはいない

言い方は妙だけれど、死んでいるよ」「……死ぬ、ね

あなたも好きかも:スロット 最大ハマり
それはアタシだけじゃないんだね?」「そうだよ

その話をすると、どうして如月一族が世界に存在しているのかって点を詳しく話さなくちゃならなくなる

それを今ここでするのは、刺激が強すぎるし、君のためにも僕のためにもならないから、教えるつもりはないけれどね」「アタシらの存在理由、か……誰かにそいつを決められるのは癪だな」「……? 世の中に決まっていないことなんて片手くらいしかないぜ? 何を言ってるんだ君は」「――」「僕がこうして行動することも決まってることじゃないか

個人意志なんてものが存在するように見せかけて、大抵は掌の上で踊ってるだけなんて、そんな当たり前の事実を確認したいわけじゃないんだろう? その規定の中でできることは、せいぜい誘導するくらいなもので、それをするのに五十年かかると僕は言ってるんだぜ」「……知るってことは、そういうことか」「うん? いや……まあ、そうだね、そういうことだろう

今の僕は識鬼者だから、僕にとっての当然が君にとっては違うのも頷ける話だ