スイッチ スロット 修理

スイッチ スロット 修理

あなたも好きかも:単純賭博罪
再び隣を見ると、マゲャラはもう居なかった

武器を積み込んだ輸送部隊の馬車の端に座らせてもらって、グリスラーまで連れて行ってもらう

恐縮する兵士たちに断ってから、揺れる馬車の中でウトウトしていると眠り込んでしまい、次に起きた時はどこかの城の寝室の中だった

フカフカのベッドから上半身を起こして周囲を見回す

まったく見覚えのない場所である

あなたも好きかも:ガルパン スロット 配信
だが敵意は全く感じず、雰囲気は悪くない

ベッドの近くの壁には算用数字で11までの数字が描かれた時計がかかっていてチクタクと時を指し示す

よく見ると反対側の壁には十三までの漢字が描かれた時計がかかっている

そして不思議なことに、両方の時計の指し示す時刻は夕方の十七時二十三分で、まったく同じである

ガラス窓からは夕暮れが射しこんできている

時計は十七時二十四分を差した

あなたも好きかも:ハバネロ パチンコ
しかし不思議な二台である

算用数字の11までの時計も、漢字の十三まである時計も綺麗に等間隔で、目盛りと数字が並び、差す位置の差はあるがまったく同じ時間を差し続けている

ベッドの上で上半身を起こしたまま、しばらく二つの時計を左右に見比べた後に一体ここはどこなのか、俺は考え始める

パジャマ姿だ

綿か何かか、またはそれに近い着心地である

悪くはない

移送された方角と距離と今の時間を考えると、ゴルスバウ北部のどこかか、または第二王子領の城だろうがローレシアン内なら、時計と言うものが一切存在しないのでおそらく、ゴルスバウ北部だろう