スロット サクラ大戦3 実機

スロット サクラ大戦3 実機

「あなたには感謝しかないのだ、セツナ殿」「それは、俺の言葉ですよ、ミドガルドさん」 セツナは、ミドガルドの目を見つめ返しながら、いった

 ウルクには随分と助けられた

あなたも好きかも:ゴールドフィッシュ
 戦闘だけではなく、日常においても、だ

ミドガルドが調整器の端末を操作する間、セツナたちは、暇を持て余すくらいの時間を待たなければならなかった

 しかし、苦痛ではなかったし、むしろ有り難かった

あなたも好きかも:まどマギ スロット 潜伏
というのも、セツナは、エベルとの戦いのために消耗し尽くし、疲労困憊といっても過言ではなかったからだ

 イルが用意してくれた椅子に座り、その背もたれに上体を預けている

そうしてイルとエルが室内をうろうろと歩き回る様子を眺めていると、ラグナが思い出したように小飛竜形態に戻った

そしてセツナの頭の上に乗っかると、彼女はほっとしたようにいった

「やはりこれじゃな」「なにがだよ」「ふふん、おぬしにはわからぬか、この良さが」「どうやったら自分の頭の上の居心地の良さがわかるんだよ」「それもそうじゃな」 ラグナののほほんとした口振りに苦笑していると、マユリ神が考え込んでいる姿を見た

なにやら真剣な顔で悩んでいるようなのだ

「どうしたんです?」「これからのことを考えると、頭が痛くてな」「女神ともあろうものが、頭痛とな?」「そういう意味ではない」「わかっておる

冗談じゃ」「……移動手段のことだよ」 マユリ神は、ラグナの軽口を黙殺して、セツナに向かっていってきた

あなたも好きかも:上大岡 スロット ジアス
ラグナが彼の頭の上でむっとするのがわかり、セツナは両手を頭の上に伸ばし、彼女の小さな体を包み込んだ

相変わらず、小飛竜の体はひんやりとしている

そのまま膝の上に持ってくると、ラグナは驚いたような顔でこちらを見上げてきたが、セツナが指先で頭や背中を撫でてやれば、納得したようだった

そして、満足げな表情になる

 ラグナの機嫌を取るのは、それほど難しいことではない