緋弾のアリア3 パチンコ 仕組み

緋弾のアリア3 パチンコ 仕組み

 僕は一人で歩いて、アイドとティティーに近づく

スノウは草原に寝かせたディアと陽滝の様子を見守ってくれている

これが守護者(ガーディアン)たちの最後の時間であると予想して、付き合いの深い三人だけにしてくれるようだ

 僕が近づいてきたのを見て、まずアイドが笑って話しかけてくる

「……見事でした

これで終わりですね

今日にて『統べる王(ロード)』の座は空席となり、その後見人だった使徒は消えました

このヴィアイシアの戦いは終わりでしょう」 それに隣のティティーも続く

あなたも好きかも:カジノサイト
「これでもう、童たちに未練はないのう……

あなたも好きかも:パチンコ 京都市 アルバイト
あるとすれば、ノスフィーくらいか? ただ、あれはかなみんじゃないと駄目みたいじゃからのー

あなたも好きかも:god ライジング パチンコ
よし、かなみんよっ、童の友達ノスフィーは絶対におぬしが幸せにするように! 頼んだぞ!」「え、えっと……、努力はするよ」 最後にとんだ無茶を頼まれ、僕は困った顔を見せるしかなかった

それにティティーは不満そうに唸る

「むぅー……いや、あとはかなみんたちの問題か

これ以上はやめとくのじゃ」 ただ、唸りながらもティティーの顔は晴れやかだ

口で言うほど不満はないことが、その表情からわかる

「童はかなみんもノスフィーも心の底から信じておるからな! 二人とも自慢の友達じゃ!」 僕がいる限り安心だと言ってくれる

 僕を信じてくれる彼女を未練なく見送るため、困った顔のままだけど頷いて返した

 それにティティーは嬉しそうに「うむっ」と頷き、それを隣のアイドは笑って祝福する

「ふふ、あの姉様に友達ができたのですね……