パチンコ エヴァ 2018 ゴールド

パチンコ エヴァ 2018 ゴールド

「……放置しすぎたか」 神官長が眉を寄せてそう言いながら、私に魔石を中に入れるように言いました

私は色をなくしている透明の魔石や黒の魔石を次々と薬液に入れていきます

魔石が魔力を吸い取っていくと同時に、薬液の色が少しずつ薄まっていくのがわかりました

あなたも好きかも:スロット 目押し不要 リゼロ
「ローゼマインめ、圧縮しすぎだ

魔石が全く足りないではないか

奉納式の時期で助かったな」 ローゼマイン様の手を取って、その赤い線を睨むように見つめていた神官長が溜息を吐きました

予想以上に時間がかかりそうだ、という呟きが耳に入りました

 神官長がローゼマイン様の経過について何やら書かれている間、私はローゼマイン様の魔力で満たされた魔石を取り出しては丁寧に拭って袋に詰め直していきます

「今日はこのくらいでよかろう」 それからは、奉納式の後、青色神官達が使って空になった魔石をローゼマイン様の薬液に入れて、魔力を補充するという仕事も加わりました

 ローゼマイン様の魔力があったおかげで、奉納式は恙なく終えることができました

 奉納式の後も祈念式に向けて魔力を溜めるということで、私は神官長と共に工房へと入ります

ローゼマイン様のお姿を確認できて少しばかり安心するのですが、全く変化が見られないことにじりじりとした焦りも感じました

 ……早く起きてくださいませ、ローゼマイン様

あなたも好きかも:沖縄 パチンコ 開店時間
 奉納式が終わると、神官長は溜まっていた書類仕事に取り掛かりました

仕事量が一気に増えたにもかかわらず、エックハルト様まで騎士団の鍛錬に取られたことで、またもや、薬漬けの生活が始まったようです

薬入れに手を伸ばす神官長の姿をよく見るようになった、と側仕え達が零していました

 今までの神官長の仕事、城での仕事、それに加えて、ローゼマイン様が担当していた神殿長の仕事、孤児院、工房、プランタン商会とのやり取りが神官長に圧し掛かっているのです

 青色神官が少しずつ育っているとはいえ、青色神官にはプランタン商会関係の仕事や孤児院の管理は任せられません

「冬の間はプランタン商会の者が来ることもほとんどありませんし、孤児院も基本的に冬籠りをしているだけなので問題はないと思われます」「あぁ、工房や孤児院に関しては管理者もいるし、そちらである程度こなしてほしい」 しかし、春になり、冬の手仕事の精算や紙作りが始まると、お金のやりとりが出てくるので嫌でも仕事が増えますし、後回しにすることもできません