家 スロット 防音

家 スロット 防音

 そして、また静かに、語り出す

「本当にちゃんと、考えたんやで

 できるだけ人を傷付けんでいいように、道具も改良したし、万が一でも無事に逃げ切れるように、練習だって重ねた

 せやから、勢いで言うてるんやないの

 少しでも、レイのお父様を助け出せる確率を、上げたい

あなたも好きかも:らくらく家財便 スロット
だってレイが……お父様のこと、大切に思うてるの、知ってる

あなたも好きかも:ギャンブル 運 アップ 壁紙
 本当は、切り捨てるなんてしたくないの、知ってるから……

 もうこれ以上レイに、失くしてほしくない……

諦め方ばっかり、上手になってほしくない……

 私のことかて……もっと、頼って、欲して、ほしかった……」 そう言ったサヤが、顔を上げた

 キュッと引き締められていた口元が、何か言いたげに、少し開く

 だけどすぐに閉じて、言葉と一緒に全てを飲み込んでしまおうとするから、唇を重ねて、それを阻んだ

 求められた、気がしたのだ

 ついその衝動のままに、動いたら、柔らかい唇とかかった吐息に、頭がぐらりとした

 舌で唇をこじ開けて、口内に入って、サヤの舌先に触れた

 サヤは一瞬だけ、びくりとして身を引きかけたけれど、それ以上は逃げなかった

 舌を絡めて息を継ぐ暇もないほどに貪って、言葉にしない部分を全部、サヤの身体に求めた

 歯列の裏を舌でなぞると、またびくりと肩が跳ねる