パチスロ バジリスク 絆 設定 判別

パチスロ バジリスク 絆 設定 判別

 それは、一個世界を己の内側に創り上げることだ

「だから、封じたんだ」「そうだ」「危険性よりもむしろ――こうなることを危惧して」「……まあ、な」 それは、たった一つの道筋であったところで、限りなく現実に近いシミュレートだ

あなたも好きかも:海南市 パチンコ love
時間にしておおよそ四時間、今はもう深夜になってしまっているが、たったそれだけの時間で一ヶ月の仮想現実をつみれは生きてきた

その上、それらの情報は脳内にきちんと保存されている

 読み終えた本を手に取るように、それはいつだって思い出せた

 扱い方はかつての方が上手かったかもしれない

あなたも好きかも:28日 パチンコ イベント 愛知
だが、かつてはそれしかなかった

であればこそ、なるほど、確かに円の完成形としての〝成果〟は出せたのかもしれないが、そこにはあらゆる危険性が孕む

 現実に倦むことも、仮想現実に逃げ込むことも

 何しろ当時の円つみれにとって現実とは、そのほとんどが二度目の道筋だったのだろうから

あなたも好きかも:スロット バグ 動画
「安定してるか?」「今はまだ何とも……疲労はあるけど、それだけ」 仮想現実と今ここにある現実を区別するものは多くある

その最大たる理由が、つみれが自身の術式を使えるということを、自覚できている事実だ

 仮想現実の中で、更に仮想を重ねることはできない

だからこそ、そちらの時間軸でつみれは己の魔術がどんなものであるかを探ることが曖昧であったし、術式を行使できなかった