スロット 群馬県 イベント

スロット 群馬県 イベント

一泊したいんですけど………」「構わんよ、部屋は空いてるからね

この宿には食堂がないから、すまんが食事は外にあるレストランを利用してくれ」「分かりました」「5名だね? じゃあ、この部屋を使ってくれ」「どうも

ところで、値段は?」「銀貨5枚だ」 店主から鍵を受け取り、財布の中から取り出した銀貨を5枚支払う

狭い宿だけど、5人も泊まれるほど広い部屋があるんだろうか? もしかすると俺は床で寝る羽目になるかもしれないなと思いつつ、仲間たちを連れて部屋がある2階へと上っていく

 他に利用している客がいないのか、部屋の中からは全く何も聞こえてこない

あなたも好きかも:スロット おすすめ 新台
 鍵に刻まれている番号を確認し、同じ番号のドアの鍵穴に差し込む

あなたも好きかも:タイバニ スロット オレンジ
鍵を開けてからドアを開くと、潮の香りと木の香りを混ぜ合わせたような心地良い匂いが俺たちを出迎えてくれた

 部屋の中はやはり狭く、ベッドはやや大きめだったけど3つしか用意されていなかった

ステラは小柄だから誰かと一緒に寝れば4人で眠れるだろうな

俺は床で眠るとしよう

 真っ先に部屋の窓を開け、潮風を蒸し暑い部屋の中に迎え入れた俺は、コートの上着を脱いで用意してあったハンガーにかけた

久しぶりにあらわになったポニーテールを手で払い、灰色のワイシャツのボタンをいくつか外す

あなたも好きかも:dq11 カジノ 換金
 鏡で顔を見てみるが、やはり男子には見えない

仮に髪を短くしたとしても、ボーイッシュな女子だと思われてしまうだろう

きっと俺は、一生男らしくなるのは出来ないのかもしれない

 部屋の中の鏡を見ていると、後ろでベレー帽を取っていたラウラが、俺のポニーテールを掴んでくんくんと匂いを嗅ぎつつ頬ずりを始めた