サムライ ペガシス

サムライ ペガシス

分が悪そうな視線に、南尾は責めることなく深く息を吐いて肩の力を抜いた

「証拠なんかが出るわけがない

あなたも好きかも:北斗の剣 スロット
そもそもただの妬みだからな

あなたも好きかも:Miami Bonus Wheel
……まあ、それが才能を持って生まれた者の試練か」 フッと鼻で笑う南尾に、ムカッと洋一たちは眉をつり上げた

「本当に、いちいち腹の立つヤツだ」と怒りを混ぜて

 立花はうんざりした様子で深く息を吐き、優樹に顎をしゃくった

「行くぞ優樹」 優樹は「えっ」と目を見開いて顔を上げ、南尾を振り返り、傍に立って様子に怪訝な顔をしている馬場を見上げた

動いていいのかどうなのかわからない

 南尾は「うむ」と、表情なく軽く頷いた

「また来なさい」 優樹は唖然と目を開くなりゾゾーッと背中に悪寒を走らせ、慌てて椅子を立ってそこに引っ張り取ったローブを置き、キョトンとしている馬場にペコリとお辞儀をしてからすぐにみんなに駆け寄った

あなたも好きかも:パチスロ まどマギ リセット
 「もうイヤだ!」と気配で訴えられ、傍で俯き硬直された生美は鼻から息を吐き出すと、背中に腕を回して「お疲れ様」と労った

 ――これ以上ここにいても仕方がない

 「お騒がせしましたー」と、一応、加奈が挨拶をし、みんなでゾロゾロとアトリエを出て行く

その時、みんなの後ろから遅れて付いていた一平は思い出したように振り返り、南尾へ足早に近寄った