パチスロ 蒼天の拳 朋友 エンディング

パチスロ 蒼天の拳 朋友 エンディング

 そうはならなかった

 ただ、女神への敵意がシグルドの全神経を集中させた

「なるほど、女神というに相応しいくらいの美人だな」「ふふ

あなたも好きかも:池袋 パチンコ マルハン
褒めてもなにもでませんよ?」「はっ、素直な感想をいったまでだ」 といいつつ、シグルドは、腰に帯びた剣の柄に触れた

あなたも好きかも:スロット 最高枚数
グレイブストーン

刀身の途中で折れた長剣は、まったく使い物にならないわけではないのだ

むしろ、鍛え抜かれた剣よりも高性能といっていい

グレイブストーン本来の力は失われてしまったのかもしれないが、召喚武装の特性が残っていることは既に確認済みだ

あなたも好きかも:高知県 パチンコ イベント
つまり五感や身体能力の強化がシグルドの全身に作用した

(なにもでなくとも、時間稼ぎにはなる) シグルドは、一瞬にして強化された感覚を研ぎ澄ませ、船隊の状況把握に務めながら、マリエラに話しかけた

「あんたは、いったいなにものだ?」「なにものもなにも、あなたがさきほどいったではないですか

女神だと」「……そうなんだがな

あんたはいつ、女神になったんだ」「それは確かに疑問かもしれませんね」 マリエラは、口に手を当てて微笑むと、ゆっくりと降下する中で話を続けてくれる

「あなたの考えているようにわたくしは元々ただの人間でした

ヴァシュタラなどという偽神を信仰していた哀れな人間のひとりに過ぎなかった」「偽神?」 シグルドは、ほかの船体上の皇魔たちが臨戦態勢に入りつつあるのを認識しながらも、マリエラとの会話に集中することにした

いまだマイラムの上空高くにあり、ここで戦闘を始めるのは自殺行為にしかならない

もう少し時間稼ぎをしながら、マリエラの正体を探るのも悪くはないだろう

巡礼教師マリエラ=フォーローンが命をかけて信仰していたであろう至高神を偽神といって切って捨てたのには、一体どういう意図があるのか、気にかかるところだった

ヴァシュタラ教徒にとって、至高神への侮辱ほど許せないものはないはずだ