化 物語 スロット 目 押し

化 物語 スロット 目 押し

ゼオル庁舎の役人のうち、ガンディア軍に降ったものはそのまま使うことにしたが、抵抗するものはほとんどいなかった

彼らは軍人ではないのだ

戦う力がない以上、こちらに従うのが賢い選択といえる

あなたも好きかも:パチンコ 高崎 求人
こちらとしても無駄な血は見たくないし、無力な民衆をなぶるような趣味は持ちあわせてもいない

あなたも好きかも:茅野市 アサヒ パチンコ
レオンガンドからしてそうだ

あなたも好きかも:マツモク カジノ
彼の潔癖性は、軍規の厳しさでもわかる

制圧した都市の市民に少しでも暴力を働いたものには厳罰が下された

 レオンガンドの教育が行き届いているガンディア軍や、女性兵の多いルシオン軍は、そういった問題を起こすことはなかった

問題を起こすとすれば傭兵団《蒼き風》であり、ミオンの荒くれ者たちであったが、レオンガンドはそれらにも厳正な処罰を求めた

ギルバート=ハーディは部下の不明を恥じ、シグルド=フォリアーも部下を断罪した

それによって中央軍の空気は一気に引き締まったといっていい

 レオンガンドは戦闘行動中以外の怠惰こそ許したが、軍規違反には目を瞑るということがなかった

いや、彼がもっとも気にしていたのは、制圧した都市の人々の評判であろう

ガンディアの領土にしようというのだ

市民の感情を逆撫でるようなことをしてはならないのだ

不興を買えば、それだけで支配に時間がかかってしまう